正しい方法で引っ越し

many grave in cemetery

色々な理由があって、遺骨をお墓から納骨堂に移動させたいというタイミングが出てくるかもしれません。納骨堂は便利ですので、知ったからには積極的に使いたいところですよね。たとえば実際に改葬する理由として一番多いのが、遠くにあるお墓の管理ができなくなったということ。またはお墓を置いているところで管理する人がいなくなってしまった際にも改葬を依頼する人が多いみたいです。では今回は遺骨の引っ越しに関する話を詳しくしたいと思います。まずこのことを改葬と呼びますが、実は勝手にお墓を開けて遺骨を取り出すという行為は法律に違反することとなります。そのため遺骨を納骨堂に移動させたい場合は、必ず自治体に改葬の届け出を出すようにしましょう。具体的な改葬の手順をここで簡単に踏んでいきます。まずは新しい納骨堂を確保してください。もちろん基本はどこでもOKです。続いて移動先の納骨堂が決まったら、今度はその納骨堂から受入証明書を発行してもらいましょう。これがなければもちろん改葬を行えません。続いて、既存の墓地から埋葬証明書も発行してもらってください。ここまでできたら既存の墓地のある地域の自治体に行き、改葬許可証をもらいます。これでようやく法に触れずに墓地から遺骨を取り出すことができるわけです。取りだしたら最後に移動先の納骨堂に改葬許可証を提示し、納骨してもらいます。これですべての任務完了です。ちなみにですが、仏教の場合は改葬前と改装後に特別な供養が行われます。お魂抜きが最初に行われて、最後に入魂式を行ってもらうことになります。