重要なポイントです

cemetery near the church

これから納骨堂を利用される方に、必ずチェックしておいてほしいというポイントをいくつか紹介していきます。初めて納骨堂を利用するなら欠かせないことだらけですので、全部覚えるようにしましょう。まずあなたの宗教や宗派を一度明確にしておいてください。納骨堂の大半は宗教を一切取りませんが、たまに指定されるケースもあるみたいです。その場合はまた探しなおしになってしまいます。次に、どれくらいの遺骨を納骨堂に収めることができるのかも重要です。遺骨壇によっては納められる骨壺が限られているので、一族でずっと利用していくつもりなら極力キャパシティも気にしていくべきでしょう。その次に、収蔵期間も必ず調べる必要があります。これは大抵の納骨堂なら大体33年間と言われておりますが、場合によっては数年間しか収蔵してくれなかったり、逆に100年もの間収蔵してくれることがあります。ついでに契約更新が三十三回忌を終えたときにできるのかも聞いておくと良いでしょう。そしたら今度は最終的な遺骨の埋葬先を確認してみること。期間が過ぎてから永代供養されるときに、どこに納められるのかを確認し決定します。単純に納骨されるところがどこなのかだけではなく、永代供養墓も一緒に確認することをおすすめします。あとは納骨堂によっては直接遺骨と対面できないことがあるので、もし対面できるような形を望むならちゃんと事前に納骨堂選びをよく吟味しておいてください。ただ対面できない形の納骨堂の方が費用が安く済むので、その辺も予算と合わせて考えてみると良いでしょう。